本ページはアフィリエイトプログラムの掲載を行っています。

【ふるさと納税】スキャナーの返礼品一覧【最新2024年度】

スキャナーを利用している女性

当サイトではふるさと納税の返礼品を様々な角度からピックアップしてご紹介!

ここではふるさと納税の家電返礼品の中から、スキャナーの返礼品を一覧にして随時更新中です。

返礼品で選べるスキャナーとしては「ScanSnap」シリーズが選択肢の中心になります。返礼品で選べることに驚かれる方も多い商品かもしれませんね。実際に寄付してScanSnapを手に入れた方は旧モデルを使っていたり、すでに仕事で使っていたりと製品の性能を把握されている方も多く、スキャン速度の速さ、使いやすさがこの返礼品を選ぶ決め手の一つになっています。

寄付金額は高めの返礼品になりますがフラッグシップモデルは特に寄付者の評価も高いので、ぜひ検討してみてください。

ふるさと納税返礼品でスキャナーを提供しているふるさと納税サイト

スキャナーの返礼品は「ふるなび」「楽天ふるさと納税」などのふるさと納税サイトで提供されています。

ふるさと納税返礼品で提供されているスキャナーのメーカー

スキャナーの返礼品には「PFU」、「キヤノン」、「エプソン」、の製品がラインナップにあります。

PFUはリコーグループ傘下の会社で、BCN AWARDスキャナ部門で「ScanSnapシリーズ」を中心に2023年の年間販売台数No.1。初受賞から14年連続シェアNo.1を達成しています。

ふるさと納税返礼品でスキャナーを扱う自治体

スキャナーの返礼品は「石川県かほく市」、「群馬県昭和村」、「長野県塩尻市」への寄附で入手可能です。

ふるさと納税返礼品のスキャナーの還元率

還元率は「返礼率」や「返礼割合」とも呼ばれ、返礼品のお得さ(コスパ)を判断する重要な指標となります。
寄附をする際、「もしネットショップなどで普通に購入するといくらの商品なのか?」は気になるところですね!

当サイトでは楽天市場の最安値を調査して「ネット参考価格」として計算に使用して、以下の計算式で還元率を算出しています。

【還元率の計算式】

ネット参考価格 ÷ 返礼品の寄付金額 × 100 = 還元率

【還元率の判断ポイント】

基本的に還元率は30%が目安となっていて、より高い返礼品がお得と言えます。
自治体の返礼品調達(仕入)費と、私たちがネットなどで一般的に購入する商品価格は異なりますので、もし自治体が返礼品を安く調達できている場合は寄付金額がより安く設定されるため、当サイトで算出する還元率も高くなることが考えられます。

2024年05月時点でのスキャナー一覧

石川県かほく市、群馬県昭和村の2自治体で取扱いがあります。
最低寄付金額は80,000円から。

2024年05月時点でのフィルムスキャナー一覧

対象返礼品再調査中(返礼品の品切れ、準備中など)

寄附者の評価(レビューコメント)数が多いスキャナーの返礼品TOP5

評価数の多い返礼品は、多くの方が選択している良返礼品です。迷ったときはこちらも参考にしていただけると安心して選べると思いますのでご紹介します!

コメントを残す

*